ソーラーシステムの寿命は

ソーラーシステムの設置費用は、まだまだ安いとは言えません。

ですから、太陽光発電設備を導入しようと思ってもちょっと考えてしまうのは正直なところでしょう。

決して安くない費用をかけて設置したソーラーシステム。

どの位の寿命なのか?気になるところです。

ソーラーシステムを出荷しているメーカーはシャープ、京セラ、サンヨーが有名ですが、一般的にソーラーシステムの寿命は20年と言われています。

この寿命20年の理由ですが、ソーラーシステムに使われているパワーコンディショナーの寿命が20年位な為ということです。

パワーコンディショナーを交換すればさらに使用可能な訳ですが、ソーラーシステムのパネル自体の構造はさほど複雑ではないので、各メーカーの実データは無いようですが、パワーコンディショナーを交換した場合一般的に35年〜40年位は使用可能ではないか?と言われているようです。

ソーラーシステムとオール電化

ソーラーシステムとオール電化住宅の相性は抜群です。

最近の住宅メーカーは、オール電化を採用しているところが圧倒的に多いですが、そんなオール電化住宅の装備としてソーラーシステムは絶好のアイテムになります。

オール電化住宅のメリットは、安全でクリーンというキャッチフレーズにあるように、部屋の中の空気はクリーン(燃焼部分を必要とする暖房器具、キッチンコンロを使わない)、キッチンで火を使わない(IHヒーターの採用)という部分がユーザーに大きな安心感を与えるのですが、それに加えて熱源の電気を自給できるソーラーシステムは、オール電化住宅を支持する層にとっては、大変分かりやすいメリットとして受け入れられる訳です。

太陽光発電システムが屋根に乗っかっている様が気に入らないという声もあるようですが、現在のソーラーシステムは、屋根瓦と一体化して見えるデザインのものなどバリエーションも豊富になっていますので、むかしの様なゴツゴツ感は大変薄くなっています。

そんなメーカー側の努力もあって、最近の若いユーザーにも受け入れられているようです。
タグ:オール電化

ソーラーシステムの助成金

ソーラーシステムの助背金についての関心が高いと思います。

エコブームの中、国が政策としてソーラーシステムを導入する家庭に促進支援の助成金を支給する制度です。

太陽光発電のシステムを導入する方への助成金は、各市区町村ごとに予算額などがあり、詳しくは行政側への問い合わせと言うことになります。

CO2削減が世界的なテーマになっている今、ソーラーシステムはその具体的な形として注目されていますが、もっとエネルギー還元率が上がれば、ソーラーシステムの地球への貢献度は計り知れないものになると思います。

現在のソーラーシステムを普及させる活動をしているのは、各、メーカーと代理店契約を交わした業者と言うことになりますが、この業者の数も年々増えています。

一般の家庭を回って、商品説明をする営業スタイルが一般的ですが、「詳しい話を聞くまで、ソーラーシステムに対して偏見を持っていた」などと言う方も多いとか・・・・

全世界的に取り組んでいる“エコ” 今後も、もっと画期的なシステムが登場するかも知れませんが、現在のところ、ソーラーシステムが国を挙げて支持しているエコ設備という事実をもっと認識しても良いかも知れません。
タグ:ソーラーシステムの助背金
レンタルサーバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。